カードローンをいろんな条件で比較してみました

条件別カードローン比較

金利の低いカードローンの比較各金融業者では最低金利と最高金利が表示されています。3%から18%の間で、それぞれの業者によって違ってきます。キャッシングするさいには返済のことも考えて、少しでも安い金利で借りたいものです。金利を比較するさいには、まず自分はいくらの金額を借りたいのかを考えましょう。借りる金額によって、金利が違うからです。多く借りるほど金利は安くなります。逆に少額なほど金利は高くなります...

少ない資金だけ借りたい方は100万円以下で借りられる所を利用しようカードローンを利用する時には、100万円以下のキャッシングをする人も多いと思います。最近ではカードローンの金利も安くなりましたが、少しでも安い金利の業者を選んで返済金額を少なくしたいですよね。カードローン会社を比較する時にはどうしても、最低金利に目が行ってしまいます。しかし100万円以下の少額なキャッシングの場合は、最高金利に近い金...

銀行、銀行系のカードローンの比較急な出費でお金を借りたい時には、銀行系のカードローンがお勧めです。銀行系なので安心できます。銀行系であっても店頭窓口に行かなくてもインターネットや自動契約機、テレビ窓口などから簡単に申込、審査することができます。とてもスピーディーにキャシングできるので便利です。追加でも借りたい場合や返済方法もとても簡単です。銀行ATMの他ショッピングセンター内ATM、コンビニATM...

限度額の大口融資の場合で比較まとまった大口融資を受けたい人には、こちらのページをお勧めします。ここでは、限度額の高いカードローンを比較、紹介しています。2010年6月に賃金法の改正があり、総量規制が法で定められました。総量規制とは、年収の3分の1までしかお金を借りることができないという法律です。しかし、この法律は貸金業に対して適応されるので、銀行には適応されません。ですから銀行系カードローンを利用...

初めての人向けのカードローン比較カードローン会社では初めての人に、いきなり多くの金額を貸すことはしません。大抵100万円以下という所も多いでしょう。そうなると最高金利の18%に近い金利が適応されてしまいます。初めての人は最高金利が少しでも低いカードローンを選ぶと良いでしょう。他社からの借入のない人であれば、銀行系のカードローンを選ぶと良いと思います。銀行系は最高金利が安い所も多いからです。銀行系は...

ローンの一本化、おまとめローン比較複数の借金を一本化できるおまとめローンというものがあります。以前借りていた高い金利の借金をまとめて、安い金利で一箇所で借り換えできるローンのことです。ローンが複数ありますと、返済日も沢山あるので忘れてしまう可能性もあります。おまとめローンは一箇所で毎月1回の返済で済むので、払い忘れもなく返済方法もスッキリします。また金利もかなり安くできることが期待できます。金利が...

派遣・パート・アルバイトでも借りられるカードローン比較今は正社員ではくても、安定した収入さえあれば派遣社員やアルバイトの人でもキャッシングできる所が沢山あります。しかし、正社員に比べると借りられる金額が少なかったり、審査が通らない人もいます。何故かというと、一般的に正社員の人よりもアルバイトやパートの人は収入がかなり少ないことが多いからです。業者は返済能力を重視するので、返済に不安を感じる人には貸...

信販系の場合のカードローン比較クレジットカードでおなじみの信販会社ですが、信販系カードローンのサービスもしています。気になる金利ですが、銀行系よりは少し高いですが消費者金融より割安になっています。審査も銀行よりは甘く、消費者金融よりはやや厳しいといった感じです。カードローンの中では中間的な位置づけであると言えましょう。銀行系のカードローンの審査が通らなかった人でも、信販系なら通る人も多いようです。...

総量規制が対象外の商品比較2010年6月に賃金法の改正により総量規制が義務づけられました。総量規制とは、年収の3分の1までの金額しかキャッシングできないという法律です。この法律は借り過ぎてしまった個人消費者が、返済できなくなってしまうということを救済する目的で作られました。返済するために他の業者から借りることを繰り返すと、多重債務を背負ってしまいまうということを防ぐ為です。しかし総量規制が対象外の...

スピーディな申込・審査で即日キャッシングお金を借りるために店頭窓口に行かずに済むといいですよね。最近ではインターネットで簡単にキャッシングできるようになりました。パソコンの他にも携帯やスマホからも手軽に申込、審査ができます。サイトのHPから所定のフォームに書きこむだけで、申込や審査ができます。審査が通れば、メールや電話で本人確認します。本人確認には免許証や健康保険証などの身分証明書を1点のみ用意す...

主婦や学生でも借りられるカードローン2010年6月に貸金業者に対して総量規制が義務づけられました。年収の3分の1までしか借りられないとう法律ですね。またそれに伴い、以前は配偶者に収入があれば専業主婦でも借りられましたが、最近は借りられない所が殆どです。収入の無い専業主婦や学生には、審査が甘いと言われる消費者金融も厳しいようです。しかし銀行系カードローンは総量規制対象外なので、専業主婦や学生でも借り...