キャッシングの入門ガイド

キャッシングについての基礎知識を紹介します

銀行系キャッシングの長所や魅力キャッシングの際に、クレジットカードや消費者金融系のカードを使のは、友達や同僚に見られるのが嫌なことってありますよね。それに対して、「三井住友銀行カードローン」や「みずほ銀行カードろーん」「三菱東京UFJ銀行カードローン」、その他銀行系のカードローンだと「定期預金分の担保があるから」などと本当じゃない言い訳が通ってしまったりします。また、何となく自分のイメージが損なわ...

ベストな返済方法とはキャッシングの広告を見ると「●万円のご利用で、月々5000円のご返済から」などというキャッチコピーが付けられていることがあります。しかしキャッシングを考えている人は、キャッチコピーに表されているような月々最低返済額を選択した場合、最も総返済額が多くなり借りている期間も長くなるのだということを覚えておいた方が良いでしょう。キャッシングの返済方法の仕組みから、最も賢い返済方法の選択...

総量規制の導入で銀行カードローンが増えた?貸金業法の改正によって個人が借入できる金額の上限が設定されています。その上限は年収の3分の1。一般のサラリーマンなどはかなり高額な給与が支給される企業に勤めてない限り、200万円〜300万円が借りられる上限金額なのです。しかし、この借入金の定義が「消費者金融系か割賦販売のクレジットカード系のキャッシング」であることから、改正貸金業法で定められている上限金額...

グレーゾーン金利とは一体何だったのか?多重債務問題が社会問題化して、グレーゾーン金利が廃止となりました。ただ、グレーゾーン金利が廃止になったと知られることがあっても、その具体的な内容まで十分理解されていることは少ないようです。そこで、グレーゾーン金利とは何だったのか、改めてここに記載してみることにします。グレーゾーン、直訳すると「灰色の領域」です。つまり、白=「合法」、黒=「違法」の間の金利という...

キャッシングという少額融資の歴史無担保、無保証のキャッシングは現在、財閥系の銀行などが実質的なオーナーとなり、サービスを提供していますが、かつてのサラ金による社会問題、最近のグレーゾーン金利の問題などがあり、なにかやや暗いイメージがつきまといます。実際に利用していて大丈夫なのでしょうか?歴史的な事実から掘り起こして考えてみましょう。無担保、無保証人サービス玉石混合の歴史時代劇を見ていると、いかにも...

嘘ではない「30日間無利息」「7日間、何度でも無利息」インターネットのバナーなどで、「え? 嘘でしょ?」と感じてしまうキャッチコピーを目にすることがあります。その中にあるのが「始めてご利用の方、30日間無利息!」というキャッシングの広告。無利息でお金を貸していたら儲からない↓儲からないことを企業がやるワケがない↓つまり広告は詐欺的なモノという考えが頭の中を駆けめぐった人も多いことでしょう。しかし、...

審査の時に業者が見ているポイントはここ!キャッシング業者に申込みをして、審査結果が出るまではドキドキするものです。少しでも審査基準が見えれば、そんなドキドキするような感覚も抑えられるかもしれません。そこで、審査の結果が大きく作用されるポイントについて調べてみることにします。提出する書類のどの点を業者は重視する?キャッシング業者に申し込むときに提出する書類は、申込書と共に住所、氏名などが記載された公...

即日キャッシングは実際に利用できるの?欲しかったものが現金特価でアンビリーバブルな価格で売りに出されている!質屋系のブランド品買取ショップが、全国展開を始めています。もちろん、買い取られたブランド品は店頭販売(もしくはネット販売)されるわけですが、クレジットカードなどが使えないケースもあります。そんな場面に出くわしてしまったときに、「即日キャッシング可」という広告を思い出すこともあるかもしれません...

審査が甘い業者を探す前に考えるべき事カードの審査が甘い会社、というインターネット情報が溢れかえっています。この裏には、新たにカードを作りたいという人が多い上に、そういったページからリンクをたどってカード会員成約が成り立ったときに、情報ページを作った人に高額のアフィリエイト費用が支払われる事情が見え隠れします。したがって、情報ページをアップロードする人は、成約件数を増やすために不正確な情報でもアップ...

安定した職業に就いてないと利用できない?キャッシング機能の付いたカードを持つことは、一部の定職を持っている人に限られるというようなイメージってありますよね。でも、実態はそうではありません。消費者金融系のキャッシングカードに限らず、割賦機能付きのクレジットカードも、派遣やアルバイトなど正規従業員(正社員)でなくても、保有することは可能なのです。噂に惑わされるな!カード会社が正社員かアルバイトか調べる...

複数のキャッシングを使うのはよそうクレジットカードや消費者金融系、銀行のカードローンで、複数の業者を利用してキャッシングしていると、借入金(返済額)の管理が難しくなるばかりか、月々の返済総額が増えて、更なる借り入れが必要になってしまうことがあります。借入金の管理が難しくなる理由は、返済日が異なってくることが多いので1枚の取引明細書に借入金の額が記載されているわけではないことがひとつとしてあげられま...

ホントはソンしてる?リボ払いの落とし穴クレジットカードおよび消費者金融系のカードのキャッシングでは、返済の方法がほとんどの場合、リボリビング払いとなります。リボルビング払いとは、あらかじめ設定した金額から利息を差し引き、残った金額を元本返済に充てるという支払い方法。毎回の支払い額を少なく設定することができ、利用者の負担を抑えるというメリットを持っています。返済時に最低支払額2万円という設定で年利1...

各々の個人信用情報機関が情報を共有していなかったとき、どこの貸金業者がどの個人信用情報機関を利用しているかを掌握している悪徳紹介業者がいました。悪徳紹介業者は雑誌やスポーツ新聞などに「他店で断られた方でもOK」などという広告を掲載し、お金を借りに来た人から借りている業者を全て聞き出していました。申込者がどこの個人信用情報機関に登録されているのかを調べていたのです。その上で悪徳紹介業者は、申込者の個...

海外旅行に行くとき、海外ではクレジットカードでの支払いが当たり前で、犯罪も多いので現金はあまり持っていない方が良いとアドバイスを受けることが多々あります。それはそれで間違いのない事実なのですが、全く現金を持たなくても言い訳ではありません。そこで、空港などの外貨両替サービスを使うことになるのですが、この外貨両替サービスの手数料率が馬鹿にならないくらい高いことを知っている人は少ないのではないのでしょう...

マイホームを持っているがために、借金の任意整理や自己破産を避けようとする人がいます。任意整理や自己破産をしてしまうと、結果としてマイホームが借金のカタとして取られてしまう可能性があるから、というのが最大の理由。そういったケースでは住居を移さなければならないばかりか、場合によっては住宅ローンの残債が残り、さらに新たな住居の賃料まで負担しなければなりません。借金を整理しても、待っているのは苦しい生活の...

複数の消費者金融などから多額の資金を借り入れ、返済に窮している多重債務者数は2008年3月末現在で117万人余りが存在すると金融庁が発表していますが、実態を政府側が完全に掌握しているわけではありません。日本人のおよそ100人のうち1人が多重債務者であったのです。ただし、平成22年に改正貸金業法が完全施行されるようになり、年収の3分の1を超える新たな借り入れが不可能になって業者が貸しすぎて、利用者が...