個人再生について知っておこう

マイホームを持っているがために、借金の任意整理や自己破産を避けようとする人がいます。任意整理や自己破産をしてしまうと、結果としてマイホームが借金のカタとして取られてしまう可能性があるから、というのが最大の理由。そういったケースでは住居を移さなければならないばかりか、場合によっては住宅ローンの残債が残り、さらに新たな住居の賃料まで負担しなければなりません。借金を整理しても、待っているのは苦しい生活のみという現実があるのです。

 

しかし、個人債務者再生という手続きを取れば、借金と相殺するような形でマイホームを手放すということが無くなることがあります。

 

具体的に個人債務者再生手続きについて触れてみましょう。

 

個人債務者再生手続きは民事再生法に則って行われるもので、手続きを申請できる資格に制限はありません。負債総額については住宅ローン以外については5000万円以内という規定があるのみです。

 

つまり、借金がある人は一般的な人なら誰でも申請できることになるわけです。また、自己破産などと違い、借金免責(借金を返さなくて良いことになる)にギャンブルや浪費癖などの不許可事由もありません。必要なのは、継続的な収入が見込まれることだけとなります。

 

この個人債務者再生手続きをする際に住宅ローン特別条項を適用すると、ローンを支払っている住宅について債権者側が処分を強制して回収金に充てることが禁止されます。さらに住宅ローン以外の借金については大幅減額となり、原則的に3年以内に住宅ローン以外の借金を返済すればいいことになります。

 

住宅ローンについては、手続きを取る前と同じように返済をしていくことが求められますが、借金のために住居を失うという悲劇を見なくても良いことになるのです。

 

ただし、個人債務者再生手続きと住宅ローン特別条項は、住宅ローンで多額の資金を貸し付けてリスクを負っている金融機関を守る法律であることも理解しておくべきかもしれません。

 

ローンの残債が無くなってしまった住宅については、住宅ローン特別条項は適用されませんし、処分すれば借金が返済できる資産を保有しているとなれば、個人債務者再生手続きが申請時点で却下される可能性もあるのです。

人気の高いキャッシングベスト5はココです!

 

即日借り入れも可能な人気のカードローン!
全国的な知名度と信頼性は抜群のキャッシング会社、それがアコムです。

ネットから申し込んで審査に通り楽天銀行の口座があれば、受付完了から1分程度で振込が行われるスピーディーなサービスが人気を呼んでいます。

「Pay-easy」と連動している振込手数料無料のネット返済サービスもあるので、借入から返済まで低コストで素早く行えるのが特徴です。
 

 

業界トップレベルの低年率が特徴のモビット!
最低貸付金利が3.0%と低く、安心の大手カードローン業者でもあるため多くの方から支持される信頼性の高いキャッシングです。

本審査完了まで最短30分※のスピードキャッシングは、即日融資も可能。

審査を無事パスすれば平日14:50までに振り込み手続き完了で、3分程度でお振込可能、ご自身の指定口座への振込みがされます。融資限度額は800万に設定されています。※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

 

業界トップレベルの低年率が特徴のオリックス銀行カードローン!
2012年3月に好条件の大型キャッシング商品として登場したオリックス銀行 カードローン。

3.0%〜17.8%という驚きの低金利水準最高800万円という貸付最大金額の高さには、早くも話題大騒然です。スムーズな借入れをしたいという方にもぴったりです。

 

 

即日最短で借りたい人に朗報!即日振込OK!
「即日でお金を急ぎで借りたい!」という方にもプロミスなら即日キャッシング※ができるから便利。

ウェブから申し込んで審査を受ければ、最短30分という短時間で借入可能額が決定されるスピード審査は、即日融資を受けたい方にとって嬉しいサービスですよね。

それに加え、Web明細利用とメールアドレスの登録で30日間無利息サービスを受けられます。※平日14時までにWEB契約完了が必要

 

 

新生銀行カードローン レイク。
新生銀行カードローン レイクの他社と違う点は無利息期間が長いところにあります。

「借り入れ5万円までなら180日間無利息コース」と「借入全額30日間無利息」の2つのコースがあり、初めてキャッシングを利用する方でも心配なく試すことができるのがメリットです。

安定した月々の収入があれば、借入れが難しいとされている主婦・フリーターの方でも利用できます。