キャッシングの審査では必要書類として本人確認書類や収入証明書がいる

キャッシングを申込んで審査を受ける場合には必ず本人確認書類が必要となります。また希望する借入額によっては収入証明書も必要です。ここではキャッシング申込みの必要書類についてご説明します。

 

本人確認書類

 

どこのキャッシングに申込む場合でも、本人確認書類は必ず提出しなければなりません。

 

本人確認書類としては基本的には「運転免許証」の写しの提出が求められます。運転免許証を持っていない場合は「健康保険証」「パスポート」が使えます。どこのキャッシングでもこの3つのいずれかがあればまず大丈夫でしょう。

 

その他にも「住民基本台帳カード」「住民票」「印鑑証明書」などでも利用が可能なキャッシング業者もあります。これらはどこでも使えるとは限らないので確認が必要です。

 

外国人の場合は「特別永住者証明書」「在留カード」が使えます。

 

本人確認書類の提出では運転免許証が基本とされるのは、顔写真がある・定期的に更新するという特徴に加え、普段から携帯するものであり、なくしたり盗難にあった際に気がつきやすいという点があります。

 

パスポートは有効期間が長いことや海外に頻繁に行かない限りタンスの奥などにしまったままのことが多いので、なくなっても気付きにくい面があります。その分、盗んだ書類で本人になりすます犯罪に使われる可能性が高いと言えます。

 

健康保険証は更新頻度はそれなりに高く使う機会もそれなりにあり紛失に気付きやすいですが、顔写真がついていないために本人確認としてはワンランク下という感じになります。

 

キャッシング業者によっては顔写真がついていない本人確認書類だと複数提出しなければならないことがあります。やはり顔写真のある運転免許証がいちばん確実と言えます。

 

収入証明書

 

消費者金融の場合、借入希望金額が50万円を超える場合には収入を証明する書類を提出する決まりです。銀行カードローンの場合は業者によりますが100万円あるいは300万円を超えると必要になるところが多いです。

 

収入証明書として使える書類は、会社員の場合には「源泉徴収票」「給与明細書」「課税証明書」「所得証明書」があります。

 

自営業者や個人事業主の場合には「確定申告書」「課税証明書」「所得証明書」です。

 

なお、自営業者の場合には借入希望金額が低くても収入証明書が必要になることがあります。会社員にくらべると収入が不安定だと考えられているため、審査の際に収入の確認が厳しくなるようです。

 

その他の書類

 

申込者の状況によっては、審査の際にこのほかにも書類が必要になることがあります。いずれも業者によって異なりますので、利用の際は確認しておきましょう。

 

本人確認書類と現住所が異なる場合

現住所を証明する書類として「公共料金の領収書」「住民票の写し」「印鑑証明書」などを一緒に提出します。

 

●専業主婦で配偶者貸付を利用する場合
「婚姻関係を証明する書類(住民票など)」「夫の同意書」「夫の収入証明書(不要な場合もある)」が必要です。

 

●学生
学生でもキャッシングの利用が出来るところがあります。そういったケースでは「親権者の同意書(不要な場合もある)」「学生証」が必要になります。

 

●職場への電話による在籍確認無しを希望
在籍確認の電話をかけないよう希望できるキャッシング業者がありますが、その場合には「給与明細書(会社の住所記載)」「会社の保険証」の提出を在籍確認の代わりとします。

 

書類の提出方法

必要書類を提出する方法ですが、今は郵送以外にもさまざまな方法がありスピーディに手続きができます。

 

●インターネットで送信
デジカメやスキャナで書類を撮影した画像データをネットで送ります。画像がいちばん鮮明なのはスキャナですが、スマホのカメラでも大丈夫ですし、その場合は撮影したデータをそのまま送信できて便利です。

 

具体的な送信方法はキャッシング業者により異なりますが、WEBの申込みフォームからアップロードしたり、メールの添付ファイルとして送信するなどが一般的です。またスマホの場合はキャッシング業者が専用アプリを用意していてそれを使ってアップロードする場合もあります。

 

●自動契約機で読み取り
自動契約機にも読み取り機が装備されているので、直接必要書類を持って行けば大丈夫です。デジカメやスキャナがない場合でもすぐに送信できます。

 

●郵送
昔から使われている方法で、書類のコピーを郵便で送ります。数日かかるので即日融資を希望する場合では使えません。

 

おわりに

 

以上、キャッシングの申込みにおける必要書類についてご紹介しました。まとめると次の通りです。

 

  • 本人確認書類は運転免許証が基本
  • 収入証明書は借入額が50万を超えると必要(銀行は別)
  • 書類提出方法はネット送信、自動契約機、郵送など

 

希望する借入額がそんなに高額でなければ、とりあえず運転免許証があれば大丈夫なケースが大半です。

人気の高いキャッシングベスト5はココです!

 

即日借り入れも可能な人気のカードローン!
全国的な知名度と信頼性は抜群のキャッシング会社、それがアコムです。

ネットから申し込んで審査に通り楽天銀行の口座があれば、受付完了から1分程度で振込が行われるスピーディーなサービスが人気を呼んでいます。

「Pay-easy」と連動している振込手数料無料のネット返済サービスもあるので、借入から返済まで低コストで素早く行えるのが特徴です。
 

 

業界トップレベルの低年率が特徴のモビット!
最低貸付金利が3.0%と低く、安心の大手カードローン業者でもあるため多くの方から支持される信頼性の高いキャッシングです。

本審査完了まで最短30分※のスピードキャッシングは、即日融資も可能。

審査を無事パスすれば平日14:50までに振り込み手続き完了で、3分程度でお振込可能、ご自身の指定口座への振込みがされます。融資限度額は800万に設定されています。※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

 

業界トップレベルの低年率が特徴のオリックス銀行カードローン!
2012年3月に好条件の大型キャッシング商品として登場したオリックス銀行 カードローン。

3.0%〜17.8%という驚きの低金利水準最高800万円という貸付最大金額の高さには、早くも話題大騒然です。スムーズな借入れをしたいという方にもぴったりです。

 

 

即日最短で借りたい人に朗報!即日振込OK!
「即日でお金を急ぎで借りたい!」という方にもプロミスなら即日キャッシング※ができるから便利。

ウェブから申し込んで審査を受ければ、最短30分という短時間で借入可能額が決定されるスピード審査は、即日融資を受けたい方にとって嬉しいサービスですよね。

それに加え、Web明細利用とメールアドレスの登録で30日間無利息サービスを受けられます。※平日14時までにWEB契約完了が必要

 

 

新生銀行カードローン レイク。
新生銀行カードローン レイクの他社と違う点は無利息期間が長いところにあります。

「借り入れ5万円までなら180日間無利息コース」と「借入全額30日間無利息」の2つのコースがあり、初めてキャッシングを利用する方でも心配なく試すことができるのがメリットです。

安定した月々の収入があれば、借入れが難しいとされている主婦・フリーターの方でも利用できます。