職業によって返済能力を判断されるため、審査に有利・不利がある

キャッシングの審査においては職業が重視されます。キャッシング等の融資の審査は何を判定するものなのかと言えば、きちんと返済がされるかどうかです。貸し倒れになってはキャッシング会社も困るので、利用者に返済能力があるかの判断は重要です。そしてこの返済能力に職業が大きく関わっていると考えられているのです。

 

それでは具体的にどんな職業だとキャッシングの審査が通りやすいのか、以下にご説明します。

 

審査を通りやすい職業

 

キャッシングの審査で最も有利な職業と言えば「公務員」でしょう。

 

安定した職業の代表格と言える公務員は実際のところ、勤務先がつぶれたりリストラがある可能性がかなり低い、転職する人が少ない、毎月の給与が安定している、ボーナスも基本的に安定して支給されるなどの特長があります。

 

このように公務員はさまざまな職業の中でも最も安定感があるため、キャッシング会社側からすれば優良顧客と考えられます。お金を貸す側から見れば、安定した収入があり失業等のリスクも低い公務員は、確実に返済してくれそうな良いお客というわけです。

 

公務員に次いで、終身雇用を行っている大企業の会社員もキャッシング会社の審査に有利です。やはり毎月の収入がきちんとあり、長期にわたり安定している可能性が高く、離職率も低いので返済能力は高いとみなされるのです。

 

審査を通りにくい職業

 

審査に不利な職業としては、離職率が高く不安定なものがあげられます。水商売や風俗業、日雇い労働者などです。

 

こういった職業は収入自体は高いこともあります。ですが安定性にかけるので、毎月確実な返済ができるかという面からすると不安要素があると考えられてしまいます。

 

多くは仕事がきつくて長期にわたり続けるのが大変な職業なので勤続年数は低くなり、そのぶん審査の評価も低くなってしまいます。

 

ですがこういった職業でも長期間にわたり同じ勤務先に勤め続けている場合は審査で評価されることもあります。キャッシングの審査においては勤続年数も審査基準になるので、そこでポイントが稼げるわけです。

 

自営業やフリーランスは不利なの?

 

近頃はネットを活躍の場としたフリーランサーも多くなってきました。こうしたフリーランスや自営業で生計を立てている人の数は多く、一般的な働き方のひとつです。ですが、キャッシングの審査においてはこうした職業の評価は低くなっています。最も不利と言えるかもしれません。

 

自営業やフリーランスでもとても収入の高い人もいます。ですが、キャッシング会社にとっては何よりも毎月確実な返済があることが評価されるため、審査においては収入の額よりも安定性が重視されるのです。

 

自営業やフリーランスは毎月の収入の額が保証されていません。収入の多いときと少ないときとがあると、収入の少ない月には返済がなされないのではと考えられてしまうのです。

 

また、キャッシングの借り入れ金は多目的な用途に使えるのですが、ビジネスの資金に使うことはできません。ですが自営業者やフリーランサーの場合はキャッシングの借り入れ金をビジネスに使うことも多いため、キャッシング会社側に警戒されているのです。ちなみに、ビジネスの資金として使える融資にはビジネスローンというものがあります。

 

意外?外資系企業は評価が低め

 

日本国内には多くの外資系企業があります。外資系企業といえば高収入なイメージがあるためキャッシングの審査でも評価が高いと思われるかもしれませんが、実は評価が低めになることが多いのです。

 

外資系企業の場合、転職が多いことや、リストラの可能性が高めに見積もられているため、安定性という面では低めの評価になっているのです。外資系企業は基本的には終身雇用制度は無く実力主義の世界であるため、給与が下がったり失業のリスクが高いとみなされます。

 

外資系企業勤務では契約期間が決まっていて延長がされるかは不確定なことも多く、長期的なキャッシング利用客としてはリスクが高いと評価されます。さらに国内企業と比べて情報が入手しづらいという面もあります。

 

無職や専業主婦はキャッシングは利用できない?

 

無職あるいは専業主婦など自分の収入が無い人に対しては、基本的にはキャッシングの審査は通りません。

 

ですが専業主婦に関しては利用できるキャッシングもあります。「配偶者貸付」という制度を利用しているところなら、専業主婦で自分の収入が無くても配偶者に収入があれば利用が可能です。この場合、配偶者の信用情報で審査が行われます。ただし、配偶者貸付が可能な業者は少ないのと、配偶者の同意を得ないと利用できないため、注意が必要です。

 

収入のある配偶者がいない無職の場合は、キャッシングの利用はまずできません。アルバイトやパートなどでも審査を通ることは可能なので、とにかくバイトでも収入を得ることが大切です。ですが病気や高齢などどうしても仕事ができない事情がある場合は、キャッシングではなく「生活福祉資金貸付制度」といった公的な貸付制度があるので、そういうものの利用を検討するのがおすすめです。

人気の高いキャッシングベスト5はココです!

 

即日借り入れも可能な人気のカードローン!
全国的な知名度と信頼性は抜群のキャッシング会社、それがアコムです。

ネットから申し込んで審査に通り楽天銀行の口座があれば、受付完了から1分程度で振込が行われるスピーディーなサービスが人気を呼んでいます。

「Pay-easy」と連動している振込手数料無料のネット返済サービスもあるので、借入から返済まで低コストで素早く行えるのが特徴です。
 

 

業界トップレベルの低年率が特徴のモビット!
最低貸付金利が3.0%と低く、安心の大手カードローン業者でもあるため多くの方から支持される信頼性の高いキャッシングです。

本審査完了まで最短30分※のスピードキャッシングは、即日融資も可能。

審査を無事パスすれば平日14:50までに振り込み手続き完了で、3分程度でお振込可能、ご自身の指定口座への振込みがされます。融資限度額は800万に設定されています。※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

 

業界トップレベルの低年率が特徴のオリックス銀行カードローン!
2012年3月に好条件の大型キャッシング商品として登場したオリックス銀行 カードローン。

3.0%〜17.8%という驚きの低金利水準最高800万円という貸付最大金額の高さには、早くも話題大騒然です。スムーズな借入れをしたいという方にもぴったりです。

 

 

即日最短で借りたい人に朗報!即日振込OK!
「即日でお金を急ぎで借りたい!」という方にもプロミスなら即日キャッシング※ができるから便利。

ウェブから申し込んで審査を受ければ、最短30分という短時間で借入可能額が決定されるスピード審査は、即日融資を受けたい方にとって嬉しいサービスですよね。

それに加え、Web明細利用とメールアドレスの登録で30日間無利息サービスを受けられます。※平日14時までにWEB契約完了が必要

 

 

新生銀行カードローン レイク。
新生銀行カードローン レイクの他社と違う点は無利息期間が長いところにあります。

「借り入れ5万円までなら180日間無利息コース」と「借入全額30日間無利息」の2つのコースがあり、初めてキャッシングを利用する方でも心配なく試すことができるのがメリットです。

安定した月々の収入があれば、借入れが難しいとされている主婦・フリーターの方でも利用できます。