こんなときは借入審査はまず通らない!その注意点を解説

キャッシングの申込みをすると借入審査が行われます。借入審査を通過しないことにはお金を借りられません。利用者にとってはひとつのハードルですし、審査されるというのがあまり良い気持ちではないかもしれません。ですがキャッシング業者側にしてみれば、審査は無くてはならないものです。

 

貸す側の立場で考えてみると分かりますが、全然知らない人にいきなりお金を貸して欲しいと言われても普通は断ります。第一に返してもらえる可能性が低いからです。連絡先が不明、収入状況も不明では、貸したお金の取り立てようがありません。ですが良く知っている人だと多少なら貸そうと思うこともあります。確実な連絡先を知っていれば取り立てができますし、収入もある程度わかっていれば「このくらいの金額なら貸しても返してもらえるだろう」と見当が付きます。

 

キャッシング業者もこれと同様で、借入審査によって、連絡が確実に取れるか、返済が確実にされそうかを判断しています。借入審査に落ちるということは、返済能力についての基準をクリアできなかったのです。

 

ここでは借入審査の審査基準について説明し、どんな場合に審査に落ちる可能性があるかをお話しします。

 

収入の安定性が第一の基準

 

キャッシングの借入審査において最も重視される点は、収入の安定性です。これは借入金の返済能力に直結する要素です。収入の額ではなく安定しているかどうかが重要なので、毎月の収入が安定していて失業の可能性が低い公務員や大手企業の会社員は審査に有利となり、安定性に欠ける水商売や自営業などは審査に不利となります。

 

収入が全く無い専業主婦や無職の場合は、基本的に審査に通りません。ただし専業主婦に関しては「配偶者貸付」を行っているところなら借りることができます。これは申込者と配偶者の年収を合わせて審査されるため、専業主婦の場合は収入のある配偶者の信用情報に基づいて融資されるのです。ただし配偶者貸付を行っているところの数は少ないので注意が必要です。

 

収入のある配偶者がおらず無職の場合は、審査を通るのはほぼ不可能となります。アルバイトやパートなどの非正規雇用であっても審査に通る可能性はあるので、キャッシングを利用したい場合はとにかくバイトでもいいので安定収入を得るようにします。

 

ブラックリストとは

 

金融機関や貸金業者にはブラックリストというものが存在してそこに載っていると決して審査に通らないという話を耳にした事があるかもしれません。実際にはブラックリストという名前のリストは存在せず話に尾ひれが付いているところもありますが、信用情報機関に金融事故の記録が残っていて審査に通らない状態のことを俗にブラックリストに載ると言っています。キャッシングやクレジットなどの延滞が長期間にわたっている・何度もあった、債務整理を行った、こういったことが金融事故です。業者側からすると貸し倒れの危険があるため、金融事故の記録があるとブラックリスト扱いで審査は通りません。

 

信用情報機関は情報の開示を行っているので、自分の信用情報について気になる点があったら確認してみると良いでしょう。多くのキャッシング業者ではJICCとCICという機関を利用しており、CICはパソコンやスマホから開示することができますし、どちらも郵送申込みが可能です。ただし手数料がかかります。

 

申込みブラックとは

 

審査に落ちるパターンで良くあるのが、短期間に複数の業者にキャッシングを申し込んだ場合です。これは俗に「申込みブラック」と呼ばれます。

 

どのくらい申し込んでいると落ちるかはキャッシング業者にもよるのですが、一般的に1ヶ月以内に3社以上申し込むと落ちる可能性が高いと言われています。

 

キャッシングの申込みをすると信用情報機関にそのことが登録され、最長で6ヶ月間記録が残ります。貸金業者はキャッシングの申込みがあると信用情報機関の情報を参照するので、他社への申し込み状況も分かってしまいます。

 

借入審査に落ちるかもしれないから複数の業者に申込んでおこうと思われるかもしれませんが、これはまったくの逆効果です。あくまでいちどに1社ずつにし、他の業者に申込む場合は1ヶ月以上あけることをおすすめします。

 

もし申込みブラックで審査に落ちてしまっても、申込みの記録が残るのは最長で6ヶ月間です。ですので、半年たてば普通に審査に通る可能性が高く、他に引っかかる要素が無ければ大丈夫でしょう。

 

おわりに

 

以上、借入審査の基準と審査に落ちる場合についてお話ししました。まとめると次の通りになります。

 

  • 安定した収入が重要。無職の場合はアルバイトでも収入を。
  • 金融事故の記録が残っていると落ちる
  • 短期間に複数の申込みをしない

 

キャッシングを申込む際はこれらの点を頭に入れておきましょう。

人気の高いキャッシングベスト5はココです!

 

即日借り入れも可能な人気のカードローン!
全国的な知名度と信頼性は抜群のキャッシング会社、それがアコムです。

ネットから申し込んで審査に通り楽天銀行の口座があれば、受付完了から1分程度で振込が行われるスピーディーなサービスが人気を呼んでいます。

「Pay-easy」と連動している振込手数料無料のネット返済サービスもあるので、借入から返済まで低コストで素早く行えるのが特徴です。
 

 

業界トップレベルの低年率が特徴のモビット!
最低貸付金利が3.0%と低く、安心の大手カードローン業者でもあるため多くの方から支持される信頼性の高いキャッシングです。

本審査完了まで最短30分※のスピードキャッシングは、即日融資も可能。

審査を無事パスすれば平日14:50までに振り込み手続き完了で、3分程度でお振込可能、ご自身の指定口座への振込みがされます。融資限度額は800万に設定されています。※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

 

業界トップレベルの低年率が特徴のオリックス銀行カードローン!
2012年3月に好条件の大型キャッシング商品として登場したオリックス銀行 カードローン。

3.0%〜17.8%という驚きの低金利水準最高800万円という貸付最大金額の高さには、早くも話題大騒然です。スムーズな借入れをしたいという方にもぴったりです。

 

 

即日最短で借りたい人に朗報!即日振込OK!
「即日でお金を急ぎで借りたい!」という方にもプロミスなら即日キャッシング※ができるから便利。

ウェブから申し込んで審査を受ければ、最短30分という短時間で借入可能額が決定されるスピード審査は、即日融資を受けたい方にとって嬉しいサービスですよね。

それに加え、Web明細利用とメールアドレスの登録で30日間無利息サービスを受けられます。※平日14時までにWEB契約完了が必要

 

 

新生銀行カードローン レイク。
新生銀行カードローン レイクの他社と違う点は無利息期間が長いところにあります。

「借り入れ5万円までなら180日間無利息コース」と「借入全額30日間無利息」の2つのコースがあり、初めてキャッシングを利用する方でも心配なく試すことができるのがメリットです。

安定した月々の収入があれば、借入れが難しいとされている主婦・フリーターの方でも利用できます。