キャッシングの審査を通るための重要ポイントを紹介

お金が必要なのでキャッシングを利用したいという場合、審査を無事通過できるだろうかと心配する方は少なくありません。

 

でも、たとえ審査に落ちても他のキャッシングを利用すれば良いのでは?と思われるかもしれませんが、そう単純なものでもありません。

 

審査に落ちた場合には原因があるはずです。いくつかのポイントに気をつけないと、普通は審査に落ちないケースでも引っかかってしまうかもしれません。

 

ここでは、キャッシングの審査を通過するための注意点をご紹介します。

 

キャッシングの短期間での複数申込みはNG

 

「どうしても利用したいのでとにかくあちこちに申込んでみよう」
「たくさん申込んでおけばどこかに通るだろう」

 

こんな考えで複数のキャッシング会社に短期間に申込みをしようと思っているなら、それは間違いです。実は申込みについての情報は各キャッシング会社で共有され、いちどにたくさん申込んでいると審査に落ちやすくなってしまうのです。

 

「いちどに多くのキャッシングに申込んでいるのは金銭的に困窮しているのかもしれない」
「たくさんの借入れがあると返済がされなくなる可能性がある」

 

複数の申込みがあるとキャッシング会社側ではこのように受け止められてしまいます。

 

そしてキャッシング会社は信用情報機関を利用しています。キャッシングの申込みに関する情報は信用情報に登録され、また審査の際には登録されている情報を参照します。この信用情報はすぐに反映されるため、たくさんのキャッシングにいちどに申込んでいることや他のどこのキャッシング会社の審査中かもすぐに分かってしまうのです。

 

キャッシングの申込みが1件だけなら審査に通過していたケースでも、複数の申込みをしていたために「申込みブラック」とされ落ちてしまうことがあります。「申込みブラック」とは、短期間に複数のキャッシングやクレジットなどの申込みをしていて審査が通りにくくなっている状態です。おおむね3社以上に短期間に申込んでいるとそう判断されます。ただし近頃は貸し倒れのリスク回避のためにこの判断が厳しい傾向にあり、2社同時に申込んだだけでも審査が通らないケースもあります。

 

よってキャッシングなどの短期間での複数申込みは避けた方が賢明です。第一希望のカードローンに申込んだら、どうしてもという場合でも他のキャッシングは1〜2件くらいまでにとどめておきましょう。

 

なお、キャッシングの申込みの記録が信用情報機関に残るのは6ヶ月とされています。そのため、申込みを何度もするときは6ヶ月は間を開けるようにしましょう。

 

金融機関による審査の通りやすさの違いを把握する

 

キャッシングやカードローンの審査基準はそれぞれの業者によって異なります。審査が厳しい金融機関と比較的通りやすいところとがあるのです。

 

審査基準の厳しい方から書いていくと、銀行は審査が最も厳しく、クレジット会社が中間、消費者金融は審査は甘めです。
より詳しく書くと、地方銀行→ネット銀行→その他の銀行→メガバンク→クレジット会社→大手消費者金融→小規模消費者金融という順番になります。

 

なお、一般的に金利は審査が厳しいほど低めの傾向にあります。

 

最初に狙うのはメガバンクのカードローンがおすすめ

 

キャッシングを申込む場合、一般的な傾向として審査基準の厳しいところほど金利が有利になります。この審査と金利のバランスや利用しやすさなども考慮すると、最初に申込むのは銀行カードローン、中でもメガバンクのカードローンが狙い目です。

 

個人が銀行からお金を借りると言えば住宅ローンや自動車ローン、教育ローンなどの目的別ローンが一般的でした。ですが最近は自由に使えるカードローンも増えています。三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行のカードローンなどは良く宣伝しているので目にした事がある人も多いでしょう。こうしたカードローンは銀行側も力を入れていて、比較的審査のハードルも低くなっています。

 

三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」は中でも人気のカードローンとなっており、年々利用が増えています。利用しやすく審査も銀行系の中では比較的通りやすいようです。提携コンビニATMの利用料が0円などのサービスも魅力です。

 

またバンクイックの公式ホームページには他社借入れ状況などを入力すると数秒で審査の見込みが分かるお試し診断もあります。心配な方はこれで試してみると良いでしょう。

 

キャッシングの審査に通りにくい属性

 

どうしてもキャッシングの審査に通りにくい属性というのはあります。主なものには以下があります。

 

収入不安定とみなされやすい職種

水商売や日雇い労働者などの場合、審査に通りにくくなると考えられます。収入が不安定なのに加え、収入の証明をし辛いという点がネックです。

 

延滞や債務整理等の金融事故の記録あり

借り入れ金の返済が滞ってしまうと事故として信用情報に記録が残ります。これは金融事故と呼ばれます。

 

金融事故でいちばん多いのは延滞です。数日うっかりしたことが1回ある程度なら大丈夫ですが、返済がだいたい60日以上遅れると「延滞歴あり」とされ審査に通りにくくなります。

 

また債務整理も金融事故の一種です。債務整理には任意整理、個人再生、自己破産などがありますが、数年間記録が残りその間はあらたな借入れはできません。

 

おわりに

キャッシングの審査に落ちやすくなるケースや審査基準などをご紹介しました。あらためてまとめると次の通りです。

 

  • 複数申込みによる申込みブラックに注意
  • 審査基準は銀行が厳しめ消費者金融が甘め
  • 銀行カードローンは利用しやすくなった
  • 金融事故の記録があると厳しい

 

これらの点に注意し、実際の申込みにおいては複数申込まないようにすれば多くの場合は審査を通過できるでしょう。もしもこれらに心当たりが無いのに審査に落ちた場合、何らかの理由で金融事故の記録などがついてしまっているかもしれないので、信用情報機関の情報開示を申込んでみるのもおすすめです。

人気の高いキャッシングベスト5はココです!

 

即日借り入れも可能な人気のカードローン!
全国的な知名度と信頼性は抜群のキャッシング会社、それがアコムです。

ネットから申し込んで審査に通り楽天銀行の口座があれば、受付完了から1分程度で振込が行われるスピーディーなサービスが人気を呼んでいます。

「Pay-easy」と連動している振込手数料無料のネット返済サービスもあるので、借入から返済まで低コストで素早く行えるのが特徴です。
 

 

業界トップレベルの低年率が特徴のモビット!
最低貸付金利が3.0%と低く、安心の大手カードローン業者でもあるため多くの方から支持される信頼性の高いキャッシングです。

本審査完了まで最短30分※のスピードキャッシングは、即日融資も可能。

審査を無事パスすれば平日14:50までに振り込み手続き完了で、3分程度でお振込可能、ご自身の指定口座への振込みがされます。融資限度額は800万に設定されています。※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

 

業界トップレベルの低年率が特徴のオリックス銀行カードローン!
2012年3月に好条件の大型キャッシング商品として登場したオリックス銀行 カードローン。

3.0%〜17.8%という驚きの低金利水準最高800万円という貸付最大金額の高さには、早くも話題大騒然です。スムーズな借入れをしたいという方にもぴったりです。

 

 

即日最短で借りたい人に朗報!即日振込OK!
「即日でお金を急ぎで借りたい!」という方にもプロミスなら即日キャッシング※ができるから便利。

ウェブから申し込んで審査を受ければ、最短30分という短時間で借入可能額が決定されるスピード審査は、即日融資を受けたい方にとって嬉しいサービスですよね。

それに加え、Web明細利用とメールアドレスの登録で30日間無利息サービスを受けられます。※平日14時までにWEB契約完了が必要

 

 

新生銀行カードローン レイク。
新生銀行カードローン レイクの他社と違う点は無利息期間が長いところにあります。

「借り入れ5万円までなら180日間無利息コース」と「借入全額30日間無利息」の2つのコースがあり、初めてキャッシングを利用する方でも心配なく試すことができるのがメリットです。

安定した月々の収入があれば、借入れが難しいとされている主婦・フリーターの方でも利用できます。