保証会社はそのノウハウで銀行カードローンをサポートしている

銀行カードローンの注意事項をよく確認すると、「当行指定の保証会社の審査があります」と書かれていることが良くあります。指定の保証会社の審査を通過し保証を受けられないとカードローンが利用できないのです。この保証会社とはいったい何なのかご存じでしょうか。実際の利用において延滞等の問題が無い限り保証会社についてあまり気にする必要は無いのですが、疑問を感じている方もいらっしゃるでしょう。どうして融資を申込む銀行以外の会社が審査を行い、また保証とは何をするのか、ご説明します。

 

銀行カードローンの保証会社は消費者金融

 

銀行カードローンにおける「当行指定の保証会社」とは、多くは消費者金融や信販会社が行っています。アコムやプロミスなどが代表的なところです。

 

「銀行カードローンなのに消費者金融?」と思う方もいるでしょうが、その事情は次にご説明します。ただ、同じところが審査をしていても銀行カードローンと消費者金融のキャッシングとは基本的に別物です。

 

消費者金融が銀行傘下に

 

なぜ消費者金融が銀行カードローンの保証会社となっているかというと、簡単に言えば消費者金融業界が苦しい状況に立たされる中で銀行の傘下に入ったためです。

 

数年前まではキャッシングなどの金利において「グレーゾーン金利」というものがありました。これは、利息制限法に定められた金利上限を超えても罰則はありませんが、出資法に定められた金利上限を超えると罰則があるため、利息制限法の金利上限以上・出資法の金利上限未満の範囲の金利で貸付けを行う事を言います。多くの消費者金融が利息制限法以上の高金利で貸し付けを行っていたのですが、貸金業法改正によってグレーゾーン金利は撤廃されました。

 

この改正により利用者は利息制限法の上限以上の利息は払わなくて良くなり、払いすぎた分も返還されるようになりました。そのため消費者金融側としては経営が苦しくなり、倒産するところも続出しました。例として消費者金融大手の「武富士」は過払い金(払いすぎていた利息)が2兆4千億円にも達していたため、過払い金返還請求の増加により資金繰りが悪化して事実上倒産する事となりました。

 

その他の消費者金融も苦境に立たされましたが、その中で銀行が救いの手を差し伸べ、その傘下に入ることで生き残ったところがありました。プロミスは三井住友フィナンシャル・グループに、アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループになどです。

 

銀行が消費者金融をグループに取り入れた理由は、消費者金融のノウハウや顧客などの取り込みのためであると推測されます。消費者金融が保証会社を行っている三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行のカードローンは他行には無い即日融資が可能であることから、それがうかがえます。消費者金融のノウハウで銀行カードローンのサービスを強化しているのです。

 

保証会社の仕事とは?

 

消費者金融が銀行傘下に入り保証会社をしているということですが、では保証会社とは具体的には何をしているのでしょうか。

 

消費者金融は銀行グループに対してノウハウの提供を行っていますが、利用者側に対しては「審査」と「債権の保全」を行っています。後者は耳慣れない言葉かもしれません。この2点についてご説明します。

 

審査

融資の際の審査は銀行も行っていることなので、どうして消費者金融の保証会社が行う必要があるのか?と思われるかもしれません。ですが、消費者金融ならではの審査におけるメリットがあり、それによって優良顧客をキープしやすくする狙いがあると見られます。

 

審査においては信用情報機関に情報を問い合わせますが、貸金業者と銀行で加盟できる機関が異なります。そのため、グループに消費者金融があることで両方の情報を参照する事が出来ます。このため、より確実な審査が可能になるのです。

 

債権の保全

債権の保全とは、つまり借金の保証をすることです。仮に銀行カードローンから借りたお金の返済がなされず、滞納が長期間にわたった場合、保証会社が銀行に対して代位弁済を行います。

 

代位弁済とは、返済するべきお金を保証会社が代わりに銀行に払ってくれるというものです。そして代位弁済した保証会社は今度は銀行の代わりに債権者になり、返済の取り立てを行います。

 

銀行からすると、仮に利用者が返済できなくても保証会社がお金を払ってくれるのですから安心というわけです。

 

銀行カードローンを選ぶメリット

 

このように、銀行カードローンでは保証会社として消費者金融が審査や保証を行っています。それなら最初から銀行カードローンでなく消費者金融のキャッシングを利用すれば良いのではと思われるかもしれません。ですが、銀行カードローンには消費者金融とは異なるメリットがあります。

 

銀行カードローンは消費者金融よりも審査基準が厳しい傾向にあります。その代わり、銀行カードローンにはさまざまな有利な点があります。まず金利が低めの傾向にありますし、銀行は貸金業法の対象外なので総量規制の対象外です。これは要するに年収1/3以上の借入れが可能ということです。ATMの手数料無料といった使い易さも銀行カードローンの方が有利でしょう。

人気の高いキャッシングベスト5はココです!

 

即日借り入れも可能な人気のカードローン!
全国的な知名度と信頼性は抜群のキャッシング会社、それがアコムです。

ネットから申し込んで審査に通り楽天銀行の口座があれば、受付完了から1分程度で振込が行われるスピーディーなサービスが人気を呼んでいます。

「Pay-easy」と連動している振込手数料無料のネット返済サービスもあるので、借入から返済まで低コストで素早く行えるのが特徴です。
 

 

業界トップレベルの低年率が特徴のモビット!
最低貸付金利が3.0%と低く、安心の大手カードローン業者でもあるため多くの方から支持される信頼性の高いキャッシングです。

本審査完了まで最短30分※のスピードキャッシングは、即日融資も可能。

審査を無事パスすれば平日14:50までに振り込み手続き完了で、3分程度でお振込可能、ご自身の指定口座への振込みがされます。融資限度額は800万に設定されています。※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

 

業界トップレベルの低年率が特徴のオリックス銀行カードローン!
2012年3月に好条件の大型キャッシング商品として登場したオリックス銀行 カードローン。

3.0%〜17.8%という驚きの低金利水準最高800万円という貸付最大金額の高さには、早くも話題大騒然です。スムーズな借入れをしたいという方にもぴったりです。

 

 

即日最短で借りたい人に朗報!即日振込OK!
「即日でお金を急ぎで借りたい!」という方にもプロミスなら即日キャッシング※ができるから便利。

ウェブから申し込んで審査を受ければ、最短30分という短時間で借入可能額が決定されるスピード審査は、即日融資を受けたい方にとって嬉しいサービスですよね。

それに加え、Web明細利用とメールアドレスの登録で30日間無利息サービスを受けられます。※平日14時までにWEB契約完了が必要

 

 

新生銀行カードローン レイク。
新生銀行カードローン レイクの他社と違う点は無利息期間が長いところにあります。

「借り入れ5万円までなら180日間無利息コース」と「借入全額30日間無利息」の2つのコースがあり、初めてキャッシングを利用する方でも心配なく試すことができるのがメリットです。

安定した月々の収入があれば、借入れが難しいとされている主婦・フリーターの方でも利用できます。